ロードバイク

Timeペダルの特徴・種類【ついでにシマノSPD-SLと重量比較】

投稿日:2019年3月7日 更新日:

こんにちは、うっさんです。
Timeのペダルが気になっているけど、どんなもんなのかな?と思っていませんか?
この記事を読むことで、Timeのペダルの特徴と種類がわかります。
また、シマノSPD-SLとの重量比較をしてみます。

この記事を書いている僕は、ロードバイク歴3年ほど。
Timeのxpressoと、シマノのSPDを愛用しています。
今回は、自分の勉強がてらTimeのペダルをまとめてみたいと思ってます。

■目次
・Time(タイム)のペダルの特徴・種類
 ・Timeのペダル(xpresso)の特徴
 ・Timeのペダル(xpresso)の種類【シマノSPD-SLとの重量比較】
・まとめ

Time(タイム)のペダルの特徴・種類

もともとは、XPRESSOだけだったのですが、XPROが最近追加されました。

XPRESSOとXPROは基本的に同じ設計ですね。

違いはというと、XPRESSOは軽量ペダル、XPROは、裏面にエアロカバーがあるエアロペダルの位置づけぐらいです。

クリートも同じなので、もうほぼ同じ系統と考えてよいのではと思います。

Timeのペダルの特徴

アイクリート

クリートをペダルに置くだけで、簡単にキャッチします。

床を傷めず歩けます。そのままカフェに入っても問題ないので、カフェクリートと呼ばれたりします。

が、床を傷めない代わりに、クリートが速攻で痛みます。( 一一)

クリートが削れていくのがはやいので、簡単にキャッチしてくれなくなるのも早いです。( 一一)

速攻で削れていきます

あまりにも早く削れるので、クリートのストックを常に確保するようになりました。( 一一)

なので、このクリートで歩く際は、クリートカバー必須です。

今は、あまり売っていないようですね。僕は長らくこれを愛用しています。

フローティング機構

セルフセンタリング機能があります。(ガリ股防止!)左右にも遊びがあります。

遊びがすごい(実際、めっさウニウニぐにゅぐにゅできます)。(*’▽’)

結果膝に優しいとのことです。そうですね。僕も膝は痛くなったことはないです。(このペダルを使っているためかどうかはわかりません(*’▽’))

グレード間の差

機能の差がほとんどないです。

そうなんですよね。なんか完成しきっている感ありますね。

XPRESSOとXPRO間の機能差を除くと、グレードで違うのは、素材と重量だけになります。

Timeのペダルの種類

ペダルの種類を見ていきますが、基本使われている素材と、重量のみを見ていきます。

timeの特徴として、グレードによる機能の差がほとんどないからです。

このグレードではこんな機能が追加されて、みたいなことがないのです。(*’▽’)

なので、timeの特徴を味わうことが目的であれば、最低グレードのXPRESSO1でよいことになります。

では、輸入代理店の株式会社ポディウム(以前はダイナソアという名前だったとこですよね)のページをみてみましょう。

うーんなんの説明もありませんね。。( 一一)

XPRESSO6が無くなって、XPRESSO7がNEWと出てますね。(6の代わりのリリースかな?)カーボン仕様ですね。

ポディウムのページでは、重量も当然のごとく載ってないので、探すとサイクル吉田のページに載っていました。

なので、もしかしたら、年式が異なって重さが多少異なっているかも。

まあ、大した差はないない。誤差誤差(*’▽’)

重量片側
(g)
ボディ
素材
標準定価
(円)
Amazon
※(円)
105 PD-R7000132.5カーボン16,5379,103
ULTEGRA
PD-R8000
124カーボン16,80411,300
XPRESSO1115(114)コンポジット4,9005,238
XPRESSO2115 コンポジット 8,0005,800
XPRESSO4115 コンポジット 12,0008,800
XPRO10115カーボン23,00019,588
DURA-ACE
PD-R9100

114
カーボン26,48218,800
XPRESSO7103カーボン16,00016,428
XPRESSO1099カーボン23,00015,800
XPRO1294カーボン37,00029,980
XPRO1579カーボン59,00053,800
XPRESSO1277カーボン37,00036,980
XPRESSO1566.5カーボン59,00058,726

※2019/3/6時点で、初めに検索される値段を表示。(並行輸入の考慮なし)

また、amazonは、たまによくわからないぐらい高い金額で出しているところもあるので、それは除外しました。

表を、Time XPRESSOのグレード順にして、XPROとシマノのSPD-SLを重量順に加えてみました。

軽さだけなら、Timeの圧勝ですね。

僕は以前、XPRESSO 8を使ってて、ぶっ壊して( 一一)

現在XPRESSO 4を使ってます。

XPRESSO 4じゃなければXPRESSO 1でいいような気がします。

XPRESSO 2は買う理由が見つからないでしょう。

なぜかというと、重量は XPRESSO 4と2と1でほぼほぼ同じだし。
Timeの特徴として、グレード間に機能差はないし。
材質も同じだし。
XPRESSO 2のデザインもいまいちだし。
XPRESSO 1でいいじゃん(*’▽’)

ペダルを買えば、クリートもついてきます。
XPRESSO 1のデザインで我慢できるのであれば、クリートがちびったら、クリートの替えを買わず、XPRESSO 1を買い続ければいいような気もしてきました。(*’▽’)
XPRESSO 4が壊れたら、XPRESSO 1を買ってみようと思います。

以前使ってたXPRESSO 8は落車の際に、板バネが割れて(2層に剥離して)しまいました。おそらく落車の際、変な負荷がかかったのかと思います。

XPRESSO 4にしてからは、順調に使用できてます。
いつまで使えるかなぁ(*’▽’)

まとめ

  • フローティング機構で、膝が守られます
  • SPD-SLに比べダントツに軽いです
  • グレード間の機能に差がないので、素材、重さ、デザインで選ぶことになります

関連記事 こちらもどうぞ
>>初心者の方へ、ビンディングペダルの必要性
>>ペダルの外し方・付け方
>>ビンディングペダルの種類と、おすすめペダル
>>シマノのビンディングペダル(SPD-SL)の比較
>>シマノのビンディングペダル(SPD)の比較

-ロードバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクのチェーン洗浄を楽にする方法【予防法】はこれだ

いつもチェーンがすごく汚れていませんか。当記事では、ロードバイクのチェーン洗浄を楽にする方法について記述します。早い話が、毎回の走行後に乾拭きしましょうというお話です。 この記事を書いている僕は、ロー …

自転車で大阪空港周辺に行って、飛行機の離発着を見よう

こんにちは、うっさんです。 大阪周辺から自転車で飛行機が見えるとこに散歩に行きたいなと思ったらすぐ大阪空港が思いつくと思います。 たしかに大阪空港で飛行機離発着を見ることができますが、どの辺から見たら …

シマノ11速チェーン(ロード)のグレードの違いを考える

ロードバイクの11速用チェーンは3グレードありますが、どれにしようか悩みますよね。当記事では、シマノ11速チェーン(ロード)の3グレードの違いがわかります。 ■目次 ・シマノの11速用チェーン(ロード …

自転車用スマホホルダーを使って、スマホを有効活用しよう

こんにちは、うっさんです。(*’▽’) スマホをナビとして使えれば便利ですよね。 常時確認できるナビにするには、スマホホルダーを使って自転車に固定する必要がありますが、どんなホ …

自転車用アイウェア(サングラス)の選び方と、おすすめサングラスのご紹介

ロードバイクに乗っていると、目が疲れたり、涙目になったりしませんか。今回は、アイウェア(サングラス)の選び方について説明したいとおもいます。 この記事を書いている僕は、ロードバイク歴3年ほど。 目が悪 …